コピーの許諾を取るには

JCOPYとは?

著作権法により、本や雑誌などの出版物を複製する(コピー機でコピーしたり、スキャナや複合機でPDFなどの電子ファイルにすること)ためには、権利者(多くの場合、出版者)の許諾が必要です。

JCOPYは、出版物を複製したい人に、出版者に代わって許諾を出します。

複製した人からは使用料をお支払いいただき、徴収した使用料は出版者に分配いたします。

JCOPYの扱う複製

JCOPYから許諾をお出しできる複製とは、紙の出版物を紙に複写することや、紙の出版物をPDFなどの電子ファイルにすることです。

詳しくは、「使用料規程」第2条、第3条をご覧ください。

「転載」には、許諾をお出しできません

ある出版物に載っている内容や図・表を、別の媒体(書籍、定期刊行物、論文、作品、ファイル等)に利用する「転載」については、JCOPYからは許諾をお出しできません。直接、出版者にお問い合わせください。

JCOPYは「1ページ」ごとのコピーのみを扱います。

許諾の要らないコピー

著作権法の第30条から第47条までは「著作権の制限規定」と呼ばれており、許諾なしで著作物を利用できる例外が列記してあります。代表的なものとして「私的使用のための複製(第30条)」があります。

許諾の要るコピー

上記の「著作権の制限規定」を超える場合は、許諾が必要となります。

たとえば、下記のような複製は、私的使用とは認められません。

  • 回覧や、会議のためにコピーして社内に配布する
  • コピーして社外に配布する
  • スキャンして、社内LANに載せる。
  • スキャンしたファイルを、メール添付で社外に送信する。

では、許諾を取るには?

紙に複写する場合(紙媒体複製利用)

  1. JCOPY管理著作物リスト」を検索し、利用料などの許諾条件をご確認ください。
  2. 検索結果の「申込」ボタンから申請を行ってください。
  3. JCOPYから「許可書(兼)請求書」と「許諾済シール」が届きます
  4. 指定の口座に複写使用料を振り込んでください。
  5. 作成した複製物にシールを貼ってください。

電子ファイルに複製する場合(電子媒体複製利用)

  1. JCOPY管理著作物リスト」を検索し、利用料などの許諾条件をご確認ください。
  2. 検索結果の「申込」ボタンから申請を行ってください。
  3. JCOPYから「許可書(兼)請求書」が届きます。
  4. 指定の口座に複写使用料を振り込んでください。

※ クレジットカード決済を選択された方には、「許可証(兼)請求書」と「許諾済シール」はお送りしません。

電子ファイルに複製する場合については、「電子化許諾について」も、あわせてご覧ください。

頻繁にコピーするため、そのたびに申請することが困難な法人などには、別の許諾方式もご用意しております。詳細は、「JCOPY許諾方式一覧」をご覧ください。

ページトップに戻る